上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

リンクシェア・ジャパンは4月17日、2007年度事業戦略説明会を開催した。同社代表取締役社長の花崎茂晴氏がアフィリエイト業界の現状と今後について語った。

花崎氏によると、アフィリエイト市場のトレンドはテレビ通販だという。テレビ通販のアフィリエイト広告は単にリンクを掲載するだけでなく、商品に関する動画を閲覧することができる点が特徴。リンク先の広告主サイトでも同じ動画を閲覧できるため、購買につながる確率も高いという。

ひとこと
テレビショッピング系の通販サイトのアフィリエイト広告が好調とのこと。
ですが気になるのは「金融業界については、「いくら個人のブロガーがローンの宣伝をしても、それは広告の域を出ないし、なかなかクリックされない。ある意味、検索連動型広告のビッグワードと同じ発想」(花崎氏)と、効果についても疑問符がつく。」という部分。

確かにアフィリエイト報酬が高額のため、金融広告を貼るアフィリエイターは多いですが、はっきり言って大手ポータルサイトで消費者金融の広告がクリックされる確率は0.005%とかです。つまり、2万PVで1回のクリックしかないのです。そのうちの1%程度が申し込むとして、200万PVで1人。PV単価を0.2円とすると、一人当たりの獲得単価はおおよそ40万円という計算に!

報酬がない、とお嘆きのアフィリエイターの方は金融広告を単に貼るのではなく、実際にお金を借りたときの体験談などを交えないと、厳しいですね。

今後、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)事業者は便利なツールを提供し、アフィリエイターに売上を委ねることよりも、いかにアフィリエイターを育てるか、そして、いかに1メディアとして囲い込むことが求められるのでは、と思います。


⇒ニュースソースはこちら
⇒他のITニュースはこちらまで

ビジネスブログ100選
スポンサーサイト

2007年04月18日 バイラル トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。